全国対応可能(一部離島を除く)

03-6388-5668

受付時間:9時~18時 定休日:土・日・祝日

火災保険を使って屋根・瓦を修繕した事例

宮崎県でカバー工法をする前に知っておきたいこと

宮崎県でも、屋根の仕様としてよく利用されているのがカバー工法です。この工法は、屋根のリフォーム方法のひとつで、既存のコロニアルと呼ばれるスレート瓦・カラーベストの上に金属屋根を重ね張りするものです。コロニアルは軽量かつ初期費用が安いことから新築の戸建て住宅での採用率が最も高く、1960年代以降の高度成長期の日本で急速に普及した屋根材です。

しかし、コロニアルは色褪せが起こりやすく、10年に1度は塗装工事を必要とするものです。塗装工事をせずに、築30年ほどそのままにしておくと、塗膜の形成すらできなくなることから本格的な改修工事が必要になってしまいます。改修工事の方法としては、もとのコロニアルを剥がして葺き替える方法がありますが、屋根を剥がす工程に加えアスベストを含む屋根材の処分費用など、工事費が高額になりがちです。

そこで開発されたのが、カバー工法です。もとのコロニアルの上に軽量の屋根材を張ることで、「重ね葺き」(「重ね張り」「被せ張り」とも呼ばれます)が実現しました。コロニアルのリフォーム工事の中では、カバー工法はスタンダードな方法となりました。重ねる屋根材としては、屋根瓦のフォルムに加工した成型ガルバリウム鋼板屋根が最も使用されていて、樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦や自然石粒仕上げ軽量屋根なども施主の希望によって使用されることがあります。

カバー工法のメリット・デメリット

では、カバー工法のメリット・デメリットはどのようなものなのでしょうか。

カバー工法のメリット

カバー工法のメリットとしては、屋根材を撤去する人件費や廃材処理費が一番といえます。工事費用のコストパフォーマンスが良くなることから、多く採用されているという背景もあります。そして、金属屋根の裏面にある断熱材が防音性を高めてくれる効果もあることから、断熱性・防音性も向上します。加えて、屋根が二重構造になりますので、防水性の向上も期待できます。工事の際に養生をする必要もないので、工事日数がほかの工法よりも2~4日短縮されるので、さらにコストが下がります。葺き替え工事の約半分の日数で、すべての工事が終わります。

そして、公害問題の心配もありません。2004年以前に製造されたスレート瓦にはアスベストが含まれていることがほとんどですが、カバー方法であれば撤去する費用も掛かりませんし、アスベストが近隣に飛散する心配もないことから、環境にも優しい工法といえます。

カバー工法のデメリット

カバー工法のデメリットとしては、屋根が二重構造になり重くなることが挙げられます。しかし、軽量の金属屋根材を使用した場合は屋根の重さを過剰に心配する必要はないといわれています。というのも、軽量の金属屋根材の重さは1平方メートル当たり5kgほどで、日本瓦の屋根と比較するとはるかに軽いからです。

火災保険・地震保険を使って無料で修理できる?

このカバー工法は、実は火災保険や地震保険を活用して無料で修理することができることをご存知でしょうか。宮崎県は台風による被害が多いことから、屋根材が壊れた時にカバー工法で修理することも多いでしょう。台風や大雨の被害は火災保険、地震による被害は地震保険を活用して修理します。

その際に、一気に屋根全体の工事を行うという方法もあります。例えば、屋根が台風により壊れた時には火災保険が適応されるので、見積次第では保険金が満額近く支払われます。屋根の工事の日用の多くは足場の組み立てに充てられるので、この機会を逃さずに屋根全体をカバー工法で修理するという方法もあります。詳しくは後述する専門会社にご相談ください。

ガルバリウム鋼板の基礎知識

ここからは、カバー工法で使用されるガルバリウム鋼板とはどのようなものなのかを紹介していきましょう。ガルバリウム鋼板とは、鉄がベースの合金板に金属メッキ加工を施したものですが、このメッキが特殊な素材となっています。成分の比率がアルミニウム55%、亜鉛43.4%、ケイ素(シリコン)1.6%というものです。余談ですが、亜鉛が100%のメッキを「トタン」と呼びます。

この特殊な比率によって、金属であるはずのガルバリウム鋼板が「錆びにくく長持ちする」ようになっています。しかも軽量ということもあり、住宅の基礎に負担をかけないというメリットもあるので、現在の家作りにおいては外壁材は軽い方がよいというスタンダードに合わせてガルバリウム鋼板が人気となっています。

このように、ガルバリウム鋼板は外壁材として優れていますが、ガルバリウム鋼板を屋根材として使用するメリットとデメリットはしっかり把握しておきましょう。ガルバリウム鋼板の施工を勧める業者は、そのメリットしか言いません。しかし、メンテナンスが難しいというデメリットも存在します。ガルバリウムは「ガルバ」「ガルバニウム」「ガリバリウム」と呼ばれることもありますが、ガルバリウム鋼板の扱いは難しいので塗装・張り替え・補修などの施工をする際には熟練した職人の技術が必要となります。ガルバリウム鋼板の修理を慣れない業者に任せてしまうと、後々大変なことになってしまうことがあります。

火災保険の事後申請は可能なのか

では、火災保険が適用される可能性があったのに、先に工事をしてしまった場合の火災保険はどのようになるのでしょうか。

一般的には、火災保険の請求に関しては工事業者の見積書や修繕前・修繕後の現場の写真提出などが必要になり、事前に用意できる書類は先に提出して審査をすることになります。そうなると、事後の申請は出来ないように思われるかもしれません。しかしながら、火災保険は被害に遭った日から3年以内であれば申請が認められています。とはいえ、実際に被害を受けていたことが立証できなければなりません。事故が発生してから時間が経過すればするほど、事故と被害との因果関係の立証は難しくなってしまいますので、専門業者の協力が必須になります。しかし、しっかりとその因果関係が立証できれば保険金は支払われます。

事後申請に必要な書類としては、工事を行う前の写真、工事後の写真、工事業者が提出した見積書、罹災証明書(国の通達に基づいて市町村が実際にあった被害状況を確認して損壊状況を区分け・判定した後に発行する書類)などがあります。この際に、立証する証拠書類が不十分な時や経年劣化による被害と判断がつかない時など、火災保険が下りないケースもあります。特に屋根の修理の場合は「建築してどれくらい経っているのか」「事故との因果関係がはっきり立証されているか」が保険金の支払いのポイントとなりますので、書類の仕上がりが保険金の金額に大きく影響してきます。

また、火災保険に関する取り決めに関しては約款に記載されていますので、事前にチェックしておきましょう。当然のことですが、約款全部を把握するのは難しいことですが、保険金の請求に関しては「事故発生の際には遅滞なく保険会社に連絡しなければいけない」とされていることがほとんどですので、被害の状況が火災保険の対象になりそうな時はすぐに保険会社や専門業者に相談することをおすすめします。保険金の請求に関しては3年以内が基本ですが、保険法とは別に各保険会社が請求期限を決めているケースもあるので注意しましょう。

カバー工法以外の屋根工事

屋根の工事では最もポピュラーなのはカバー工法ですが、その他の屋根工事の方法も紹介しておきましょう。

屋根葺き替え工事

築年数が30年以上立っている建物や、コロニアルの劣化が激しい場合、屋根自体を一気に交換する工事が必要になることがあります。これを屋根の葺き替え工事と呼び、もともと設置してあった屋根を外し、ラバーロックという瓦などの屋根材同士をシリコンやコーキング剤で固定していきます。しかし、このラバーロックを行うことで、雨水の流れが悪くなることがあったり、屋根の雨水を乾燥させる機能が働かなくなったりすることがあります。そのため、雨漏りや防水シート・野地板の劣化が早まるデメリットがあることから、縁切りなどの処理を行います。また、しっかり現場調査を行わずに工事を実施してしまうと、野地板の腐食に気づかずに屋根材だけを取り替えてしまうと雨漏りが起きることがあるので注意が必要です。

屋根塗装工事

屋根材の防水機能が働いていない時や、塗料が剥がれてしまいダメージの受け方が大きくなっている場合は、塗装工事を行うことで屋根を守ります。塗料は基本的に「3度塗り」をしますが、この基本を無視して1~2回塗りで終わってしまう悪徳塗装業者が存在し、後々トラブルになる可能性があるので注意しましょう。また、コロニアルに塗装した場合は「縁切り」と呼ばれる処理を行います。これは塗料で屋根材同士の隙間が埋められることを防止する処理のことで、この処理を怠ると雨漏りが起きてしまうので必ず行ってもらいましょう。

漆喰補修工事

家を建ててから15年以上経過していて、宮崎県のような台風や雨の多い地域で暮らしている場合は、漆喰の剥離や瓦のズレなどが発生するリスクが高くなります。そのため、漆喰の補修工事行う必要があります。漆喰については、主に初期の施工不良や経年劣化によって瓦屋根のズレや漆喰の剥離が引き起こされるので注意が必要です。瓦自体の耐用年数は30〜50年と長いのですが、漆喰に関しては約15年の周期でメンテナンスが必要になることから、定期的なメンテナンスをすることが大きなポイントになります。ちなみに、それほど大きな金額がかからない定期的なメンテナンスをしっかりしてくれる屋根工事業者を見つけておくと、後々大掛かりな工事の際にもすぐ対応してもらえるので、屋根工事の失敗をのリスク対策にもなります。

棟板金交換工事

コロニアルを止めている屋根のてっぺん部分の金属板のことを、棟板金と呼びます。この棟板金が、経年劣化によって固定する釘が緩んでしまうと、台風などの強風によってさらに浮き上がってしまい、そのまま放置しておくと雨漏りが起こります。このような時は、棟板金交換工事を行い、隙間や穴から雨水が侵入しないようにします。

また、棟板金を止めるための木材下地も重要で、この素材が防腐処理されていない時はすぐに腐食して建物に悪影響を与えてしまいかねません。そのため、早めの交換工事が発生し余計な出費となることがあるので、こちらも定期的なメンテナンスが必要になります。棟板金を固定するためには固定力の強いビス止めに変更し、防腐処理がされている木材下地を使用するようにしましょう。棟板金のチェックは、屋根塗装を行う時にも行いましょう。塗装と棟板金の交換時期は、一般的に10年が目安といわれているので、これらの工事を同時に行うことメンテナンス費用を抑えることができます。

雨樋交換工事

雨樋が経年劣化によって破損したりゴミが溜まって詰まったりすると、雨水の排水という機能を果たさなくなってしまいます。こうなると、屋根の上で雨水が溜まることになり、雨漏りの原因となってしまします。そのため、雨樋を交換して対処します。また、家の近くに大きな木がある場合は、落ち葉による詰まりやコケの発生などのリスクも高くなります。そのため、雨樋が詰まらないように定期的に掃除をすることをおすすめします。

宮崎県で豊富な実績を誇る「株式会社ゼンシンダン」

このように、宮崎県で屋根の工事を行う時に紹介したいのがここで紹介したいのが「株式会社ゼンシンダン」です。この工務店は、火災保険を活用した工事を含め豊富な実績を誇り、クオリティの高いサービスを提供しています。定期的なメンテナンスはもちろん、自然災害の被害が起こった時も迅速に対応し、火災保険においては満額の保険金が支給される確率も高くなりますし、色々な相談にも乗ってもらえるなどメリットがたくさんあります。

契約者にとって、住宅を守ることは大変なことです。特に宮崎県のように自然災害が多い場所では、火災保険を活用することも増えますし、専門業者がしっかりアフターメンテナンスを行うことで大きな被害を防ぐことができます。アフターメンテナンス業者が決まっていない、自然災害で被害を受けたなど、火災保険を活用する屋根工事に関する相談は「株式会社ゼンシンダン」にしてみてはいかがでしょうか。カバー工法についても、色々と提案してもらえますよ。



記事監修者紹介


【二級建築士】佐野 広幸
株式会社ゼンシンダンのwebサイト監修の他、一般社団法人 全国建物診断サービスの記事も監修。火災保険申請を利用した修繕工事を広める事により、日本の「建物老朽化」問題の解決に貢献。