全国対応可能(一部離島を除く)

03-6388-5668

受付時間:9時~18時 定休日:土・日・祝日

火災保険を使って塗装を修繕した事例

プロが教える火災保険の比較は保険料よりも支払い実績を元に考えるべし

火災保険料の比較でサイトを探しておりませんか?我々ゼンシンダンがオススメするのはこの保険料比較の【入口】ではなく、実際の支払いからみる【出口】で比較をしたらどうでしょうか?という記事になります。
生命保険でも不払いや、一部不払いでお見舞金が支払いになってないケースがありますので知見を広げる為にも最後までお付き合いお願いいたします。

火災保険を使って家の修理ができるか、
無料で調査します!

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-11-13 3F

全国対応可能(一部離島を除く)

受付時間:9時~18時 定休日:土・日・祝日

友だち追加
株式会社ゼンシンダンの公式LINEです。保険や工事について気軽にご相談ください。

出口の支払い金額からみる火災保険会社の比較

直近のお支払い金額から見て保険会社毎に傾向があります。 2019年は千葉の台風・2018年は大阪の台風がありましたが2017年だとそこまで
火災保険料の支払い対象になる自然災害が発生してなく各社とも黒字です。

【あいおいニッセイ同和損保】
こちらのグラフを見て下さい。

2018年は大阪の台風があり60億とマイナス計上ですが、2019年の千葉の台風がきても57億円もの利益が出ております。

2020年には九州で台風10号が被害を出しましたが、それ以外は上陸がなく

もっと利益を出しているでしょう。

そんな中でもこの火災保険申請はダメという風潮が広がっておりますが

金融庁が正式に保証として認定している風害だったり、衝突だったりするのを判定する仕事が損害保険会社の役割です。

【AIG】

AIGは2017年2018年2019年全て赤字です。 ※火災保険単体ですが。。

現場でのAIGからの派遣している鑑定会社でもAIGは比較的よく降りる

保険会社です。

 


【損保ジャパン】
住宅金融公庫の主幹事会社として、保有数が多く支払いの件数も多い会社です。
沖縄県などでは、損保ジャパンか大同火災が9割のシェアを占めていたり、独占しているところが強みです。
この台風申請の鑑定でも、基本的に【大手】の鑑定会社が現場査定にくることが多く、町の工務店に直依頼などはないので精査は安定しております。

【東京海上】
リーディングカンパニーとして損害保険会社を牽引している会社として利益も500億と他の会社と比べても秀でています。
東京海上の申請案件では、東鑑という繋がりがある鑑定会社がくることが多いですが鑑定人交渉でも被保険者様側の立場と保険会社側の立場両方の目線で判断してもらえることが多いです。


【楽天損保】
後発の火災保険会社として楽天損保は投資家の間ではおりやすいとされております。
実際に火災保険料の支払いでも楽天ポイントが増えたり、他の楽天の商品を広げる為の事業としてみている為高額認定が多いです。
参考記事:楽天ポイントが貯まる?楽天損保の火災保険『ホームアシスト』とは?

なぜそこまで保険会社毎に自然災害承認額に差が出るのか

こちらは弊社の実績から算出した平均承認額になります。


実際に申請したあとに、提出金額や破損範囲・現場写真によって保険会社側が現場に鑑定人を依頼する場合があります。
その鑑定人も各保険会社が決めておりますので、おりやすい鑑定会社だったり、最初から査定を厳しくしてくる鑑定会社もあり実損金額に差が生じております。

鑑定人によっても認定額が異なるのでゼンシンダンにお任せを

上記の支払い実績は過去の保険会社平均から見ても弊社の申請がすぐれていることがわかります。
実績をあげていく中で、査定をする鑑定人の担当者とどういう見積もりで出したらわかりやすいか、保険会社目線での写真の撮りかたや事故状況説明の詳細の報告書などの
ノウハウを積み上げてきました。
今までのご相談例をあげますので、一つでもあてはまっている方はすぐにお電話下さい。
メールでは24時間受付しております。
①今までに火災保険申請をしたことがない
②台風被害などの自覚はないが建物診断だけしてほしい
③現在自分で申請中で、ゼンシンダンに依頼したら金額はあがるのか?
④他社で依頼していて0円査定されたが、再申請は可能か?
⑤緊急性のある工事で既に完工しているが、その工事代金を申請出来るか?
⑥飛び込みの会社に塗装を提案されているが足場代だけでも保険でおりないか?
⑦コロナで事業資金が底をつきそうなので、保険申請出来ないか?

など様々なお問合せを頂いております。尚。上記の問合せ例は全て保険金が捻出できている問合せです。
まずはご相談下さい。



記事監修者紹介


【二級建築士】佐野 広幸
株式会社ゼンシンダンのwebサイト監修の他、一般社団法人 全国建物診断サービスの記事も監修。火災保険申請を利用した修繕工事を広める事により、日本の「建物老朽化」問題の解決に貢献。