全国対応可能(一部離島を除く)

03-6388-5668

受付時間:9時~18時 定休日:土・日・祝日

お役立ちコラム

外壁の爆裂による被害は火災保険の対象になる?

 

 

住居に関する被害を表す言葉に「爆裂」というものがあります。これは、住宅が爆発して砕け散るという意味ではなく、鉄筋コンクリートの中にある鉄筋が錆びて膨張してしまい、コンクリートの中から押し出されて露出していることをいいます。この爆裂、実は自然災害が原因で起こることもあります。その際は、火災保険の対象になるのでしょうか。

友だち追加
株式会社ゼンシンダンの公式LINEです。保険や工事について気軽にご相談ください。

放置しておくと崩れてしまうリスクが高まる

鉄筋コンクリートの外壁から、錆びた鉄筋が押し出されてしまっている状態の住宅を、見たことはありませんか。ビジュアル的にも痛々しい限りですが、外壁が割れていてコンクリートが剥き出しになっているのは、住宅全体にとっても良いことはありません。しかし、この爆裂といった状況になってしまうと、どのように対応すれば良いのかわからないという人が多数いることも事実です。

 

爆裂の工事をする理由は、ビジュアル的な面だけでなく、そのまま放置してしまうとコンクリートが欠落して落下するリスクを考慮してのことです。できる限り早く工事をし、亀裂や錆び・腐食が進行するのを防がなければいけません。実際にあった話ですが、専門業者が相談を受けたタイミングで、すでに外壁の一部が落下していて今にも崩れそうだった、ということも少なくありません。

爆裂が起きるのは雨水の侵入や地震・強風などが原因

では、外壁の爆裂はどのような原因で起きるものなのでしょうか。

 

●経年劣化による爆裂
マンションなどの鉄筋コンクリートの外壁については、年数が経つことで劣化する「経年劣化」により収縮・膨張が原因になることがあります。鉄筋が収縮・膨張すると、クラックという亀裂・ひび割れが生じ、最初は目立たないものでもどんどん大きくなってしまいます。大したことはないと思っているタイミングで放置してしまうと、その小さなひびから雨水が浸入し鉄筋が錆び始めます。鉄筋が錆びると、鉄筋がさらに膨脹し、外壁を押し出そうとして爆裂してしまうのです。この爆裂は、鉄筋を固定するボルトの穴から起こることもあります。このケースでは、ボルトの周辺を丸くくり抜いたように大きな穴が開いてしまい、雨水が浸入しやすくなるため、基礎部分にまで影響を与えてしまうリスクが高くなります。

 

●自然災害による爆裂
経年劣化ではなく、地震や強風などの自然災害によって外壁の爆裂が起きることがあります。まず大きな地震や強風などにより、マンションの構造自体が動いたり、不動沈下を起こしたりして、構造に歪みが生じることがあります。このような時には、外壁にも圧力がかかってしまうため、亀裂やひび割れなどのクラックが発生します。こうなると、マンションの構造体全体の問題となってしまうため、事態はより深刻だと考えられます。建物自体の強度が弱くなると、マンションの倒壊リスクも高まります。マンションの管理組合や不動産会社といった大きな括りで対策を考えていくことになります。

一軒家の爆裂は自然災害が原因であれば火災保険の対象になる

一戸建ての場合は、爆裂が起こると火災保険で補償される可能性が高いです。例えば、台風など強風による被害、雪の重みによる被害、飛来物の衝突による被害など、様々なケースで爆裂が起こる可能性がありますが、自然災害が原因で爆裂が起きたことが証明できる場合は、火災保険の補償の対象となり、無料で工事を行うことができます。

マンションの外壁は管理組合の判断に委ねる

一戸建ての爆裂は、自然災害が原因の場合、契約者自身で火災保険を申請できますが、マンションの場合は「外壁=共有部分」とみなされるため、個人で加入している火災保険とは関係なくなってしまいます。実質的に専有している状態であるベランダのような場所でも、爆裂が起きた場合は管理組合などマンション全体を管理している側の問題になります。マンションの管理組合が、自然災害補償の付いた火災保険(ほとんどの場合、基本補償に入っていますが)に入っている場合は、火災保険の保険金で爆裂を修理することができます。地震が原因の場合は、火災保険ではなく地震保険の補償の対象となるので、地震保険に加入していれば工事できる可能性があります。もし、マンションの外壁に爆裂を発見した時は、管理組合に相談し、マンションの住民全員で会議をしてどのように工事を進めていくのかを話し合うことが一般的です。

設計ミスや手抜き工事で起こる爆裂もある

外壁の爆裂は、経年劣化や自然災害による被害だけでなく、建築時の設計ミスや手抜き工事が原因で起こるケースもあります。どのような原因で爆裂が起こっているのかは、素人では判断できないと思いますので、マンションに住んでいる場合は爆裂の状況を見つけた時にすぐに管理組合に報告するようにしましょう。

火災保険を使って家の修理ができるか、
無料で調査します!

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-11-13 3F

全国対応可能(一部離島を除く)

受付時間:9時~18時 定休日:土・日・祝日

外壁が爆裂したときの補修方法は?

では、外壁が起きた時はどのように工事を行うのでしょうか。最も単純な方法としては、エポキシ樹脂やモルタルで埋め合わせる工法があります。工事を行う場所の鉄筋を一度露出させ、ブラシで錆びを落としてから、鉄筋に錆止めなどを塗りモルタルで穴を埋めます。この時、鉄筋の錆びを徹底的に落とすことがポイントとなります。

爆裂工事が火災保険で無料になる?

自然災害による被害で爆裂が起きてしまった時は、火災保険を活用することで工事費用を無料にすることができます。火災保険とは損害保険のひとつで、その名の通り火事による被害を補償してくれる保険ですが、自然災害による被害を補償してくれます(地震・噴火・津波を除く)。それ以外にも豊富な補償を特約でつけることができる、カスタマイズ型の保険となっています。

強風による被害は現在加入している火災保険で工事が可能

火災保険は、火事による被害のほかに自然災害による被害も補償してくれますが、補償の対象となるのは以下の2種類です。

●建物…家屋の部分と、車庫・物置などの付属建物、門や塀などの屋外設備全般(動かせないもの)
●家財…建物の中にある家具・電化製品・衣類など全般(動かせるもの)

火災保険に加入する際には「建物のみ」「家財のみ」「建物と家財の両方」の3種類から保険の補償の対象を選ぶことになるのですが、やはり「建物と家財の両方」を補償の対象にしておくのが、万が一の際の経済的リスクを避けるためのベストな選択といえます。例えば「建物のみ」を補償対象にしている場合は、火事や自然災害により被害が出た時に、建物の被害は補償されますが家財の被害は補償されないことになりますし、「家財のみ」を補償対象にしている場合は、建物の被害は補償されません。爆裂は建物の被害になりますので、「家財のみ」の火災保険に加入している場合は、すべて自費で工事をすることになってしまいます。そう考えると、掛け金は多少高くなってしまいますが「建物と家財の両方」を補償の対象にしておくのが良いでしょう。

多彩な補償内容を持つ火災保険

では、火災保険の具体的な補償内容は紹介していきましょう。

●火災
自宅から出火した場合はもちろんですが、上述の通り、放火や近隣の火事からのもらい火による被害も補償対象となります。

●落雷
落雷は直接的・間接的に被害を与えるもので、意外な被害が起こることがあります。屋根に穴が開くといった直接的なもののほかに、過電流により電化製品が壊れるといった間接的な被害が起こることもあります。

●風災・雹災・雪災
強風により屋根が飛んだりした場合や雹で窓ガラスが割れたりした場合、雪の重みや雪崩で家が倒壊したりした場合も補償対象となります。

●水災
台風や豪雨による洪水・土砂崩れのような二次災害による被害も火災保険が補償してくれます。都市部においては、河川が近くになくても下水が噴き出す可能性があるので、水災には注意が必要です。自治体が公開しているハザードマップをチェックしておくことをおすすめします。

これらのような自然災害以外の事故においても、以下のようなものは特約(オプション)をつけることで補償されます。

●水濡れ
水道が壊れて浸水した場合や、マンションの上階からの水漏れなど隣人による被害が起きた場合なども補償されます。

●盗難
盗品された物品の被害はもちろん、壊された鍵や窓ガラスの修理費用も補償されます。金銭の補償はされません。

●破損・汚損
子供が自宅で遊んでいるときに壁紙を汚してしまったり、掃除中に家具が倒れて壊れてしまったりといった不注意による被害も補償対象になることがあります。

このように、災害以外にもの規模が小さい日常生活における偶然の事故なども補償の範囲に入れることができるのは火災保険の特徴です。カスタマイズの仕方によって保険料は変化し、補償内容の範囲もかなり幅広く変動するので、ライフプランに合わせたバランスのよい契約にしましょう。

 

ちなみに爆裂はこの中の「風災」や「雪災」で起こることが多い被害ですので、火災保険の補償対象となっています。

火災保険の申請時に必要な書類はなかなか複雑

火災保険は、ここ最近の自然災害の多さから、申請数も増えています。実際、巨大台風の後には、多くの申請があるために保険金がおりるスケジュールもあと倒しになっているケースもあります。この火災保険は、他の損害保険と同様で「申請主義」に基づいている保険です。そのため、契約者が申請しない限り保険金が支払われることはありません。申請は契約者自身(もしくは専門会社による代理申請)が行い、保険会社に申請に関する書類・写真・図面などを提出することで申請の受付と認められます。その後、必要に応じて保険会社が保険鑑定人を現地に派遣・調査を行い、その結果をもとに保険会社が最終的な保険金を決定し支払います。

 

この火災保険の申請に大事なのが、書類と被害状況を写した写真の存在です。しかしながら、外壁に起きた爆裂の被害状況を素人が撮影することはなかなか難しく、そもそもどのような写真を撮影すれば良いかもわからないと思います。そのため、火災保険の申請をする際は後述するような専門会社に依頼することをおすすめします。火災保険の活用に慣れている専門業者に申請を代理してもらうと、保険金が満額で支払われる確度も上がりますし、確実に保険金をもらうためには相談してみることをおすすめします。

 

また、火災保険を申請する際には「罹災証明書」の提出が必要になります。これは、住宅が被害を受けた「時期」と「症状」を証明するものになりますので、保険金の支払いを決定する際の重要な証拠書類として扱われるものです。各自治体で発行してもらえますので、申請する際は忘れずに手に入れておきましょう。

足場代も火災保険で賄える?信頼できる業者を見つけるのが工事成功のカギ

では、火災保険の活用に慣れた専門業者を探すためには、どのようにすれば良いのでしょうか。最近は多くの専門業者で自社のホームページで、過去にどのような施工を手掛け、どのような実績を持っているのかを掲載するようになってきました。そのため、以前と比べると様々なホームページを見て、しっかりとした施工をしてくれそうな業者を探すことは難しくはなくなってきています。特に腕に自信がある業者や、やましいことがない業者(残念ながら建築関連業者では、一部悪徳業者がいるといわれています)は工事の詳細まで掲載していますので、確認しておきましょう。

 

ここ最近は、日本で自然災害が増加しているため、火災保険を活用した工事を行うケースが多くなってきました。しかし、上述の通り、専門的な書類も多く自分一人で申請を行うのは自信がない、という場合もあるでしょう。その時は、全国建物診断サービスや株式会社ゼンシンダンのような火災保険の活用に慣れていて、全国的に見ても多くの実績を持っている団体に依頼することをおすすめします。

 

この団体の調査では、被害が明らかになっている箇所はもちろん、住宅及び敷地内を隅々まで行います。そして、依頼者が気付いていないような破損・劣化箇所も見つけ出し、火災保険の適用が可能かどうかを診断します。そして、最終的には火災保険を活用して自己負担0円の工事を行えるような形に持っていきます。さらに、調査報告書や火災保険申請用の書類を作成するだけではなく、工事のほか足場の設置・解体なども一気通貫で請け負いますので、依頼内容の行き違いも起きづらくなっています。火災保険の申請においては、様々な裏技もあるので、そのようなテクニックも知っている業者に依頼するのがベストといえます。



記事監修者紹介


【二級建築士】佐野 広幸
株式会社ゼンシンダンのwebサイト監修の他、一般社団法人 全国建物診断サービスの記事も監修。火災保険申請を利用した修繕工事を広める事により、日本の「建物老朽化」問題の解決に貢献。