全国対応可能(一部離島を除く)

03-6388-5668

受付時間:9時~18時 定休日:土・日・祝日

火災保険を使って屋根・瓦を修繕した事例

【火災保険認定事例77選】 これを知っておけばきっと役にたつ ※業者も知らないノウハウです

株式会社ゼンシンダンでは全国を対象に火災保険申請と工事を請け負っております。
その中でもお客様からまさかここが降りるなんて思わなかったというものを含めて様々な認定箇所をご紹介いたします。

友だち追加
株式会社ゼンシンダンの公式LINEです。保険や工事について気軽にご相談ください。

火災保険を使って家の修理ができるか、
無料で調査します!

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-11-13 3F

全国対応可能(一部離島を除く)

受付時間:9時~18時 定休日:土・日・祝日

火災保険を使って屋根・瓦での承認事例

  • 漆喰剥がれ
  • 瓦の割れ
  • 瓦の欠け
  • 棟の蛇行
  • 番線が外れている
  • アンテナが倒れている
  • アンテナの支線が緩んでいる
  • のし瓦がずれている・取れている
  • 谷板金に穴があいている
  • 棟板金が飛んだ
  • 棟板金を留めている釘が浮いた
  • 棟板金自体が浮いている
  • 棟板金の継ぎ目のコーキングが切れている
  • 貫板が飛んでいる
  • 天窓シーリングが割れている
  • 天窓が割れている
  • 太陽光パネルが割れている
  • 温水器が動かない
  • 温水器が割れている
  • 雨樋が割れている
  • 雨樋が外に広がっている
  • 雨樋が逆勾配になっている
  • ジョイントに隙間がある
  • 雨樋にゴミが詰まりオーバーフローしている
  • 集水器が割れている・ずれている
  • 竪樋が割れている
  • デンデンが外れている
  • 水切り板金がへこんでいる
  • 水切り板金がずれている
  • 水切り板金の釘が浮いている
  • ケラバ板金が飛んでいる
  • ケラバ板金の釘が浮いている
  • 雪止めが外れている
  • 防水が切れている
  • 防水に穴があいている
  • 笠木が浮いている
  • 笠木が飛んでいる
  • 波板が飛んでいる
  • 波板に穴が空いている
  • 波板のビスが浮いている
  • 波板のビスが飛んでいる
  • 鼻隠しがへこんだ
  • 鼻隠しがとれた

屋根関係だけでも43項目の承認事例があります。 やはりメインは屋根が多いです。
ドローンを活用した保険申請会社もいますが、細かいところまでの報告書や屋根にのった際の下地まで腐っているか?など工事目線で考えるとオススメはいたしません。

この点検は保険がおりた際に弊社で工事をさせて頂けるお約束であれば無料で行っております。
投資家の方や企業様で全国で何棟も持っている方であれば保険申請のみのお手伝いも行っております。

屋根昇降しての点検方法

登るツールは結構あります。 2連ハシゴだったり、3連ハシゴだったり、高所作業者であったり、伸縮ハシゴであったりと。
実際に屋根まで登り、破損部の写真と、重要などの箇所の破損かわかる写真が報告書ですと必要になります。
また、被害箇所の見積もり単価の妥当性がわかるように図面を引いて印をつけることにより、保険会社さんが精査しやすくなるのはもちろん、工事打合せの際の施主様も非常にわかりやすくなるのでしっかりと行います。

屋根以外の認定事例

  • フェンスが倒れた
  • フェンスが飛ばされた
  • 物置が開かない
  • 物置が倒れた
  • 郵便ポストがへこんだ
  • 郵便ポストが割れた
  • 窓ガラスにひびが入った
  • 窓ガラスが割れた
  • 外壁が割れた
  • 外壁が欠けた
  • 幕板が飛ばされた
  • 軒天に雨染みが出来た
  • 軒天が飛ばされた
  • 門扉が倒れた
  • 門塀が倒れた
  • 室外機が壊れた ※この場合はエアコンもおります
  • 外壁の目地が割れている
  • 基礎にひびが入っている
  • 間仕切り板が飛んだ
  • 間仕切り板が割れた
  • 目隠しが飛んだ
  • 目隠しが割れた
  • 目隠しに穴があいた
  • 手摺が取れた
  • 分電盤の蓋が取れた
  • カーポートの屋根材が割れた
  • カーポートの骨組みが曲がった
  • カーポートの屋根材に穴があいた
  • 庭木が倒れた
  • サッシが壊れた
  • タイルが割れた
  • タイルが欠けた
  • タイルが飛んだ
  • 立水栓が壊れた

34項目あります。
ここまで網羅して現場調査をしてくれる業者であれば問題ありませんが、ほとんどが本業の仕事をしたいところのみの申請見積もりになるので認定金額が少なくなりますので、ぜひ株式会社ゼンシンダンにお問い合わせ下さい。

大事なのは工程毎の写真を施主様に残す事

そして保険認定された後はしっかりと修繕をしましょう。 中には次の台風の際に備えて一部のみ補修したり、まったく工事をしない方もいますが、せっかく払い続ける火災保険料金です。
次の申請の際に、認定されなくなる場合がありますのでしっかりと工事をする。そしてその工事写真を各工程毎に撮影し大切に保管しておきましょう。

火災保険申請のポイントのご紹介

弊社での残している写真をご紹介いたします。

・仮設足場 メッシュシート 掛け後の写真

・車へも塗料や材料がぶつかる可能性があるので養生を行います

・各種養生を行います

・高圧洗浄をし、コケ・汚れをしっかりと落とします

・換気口塗装です。 細かい付帯物も写真に残します

・外壁の下塗り・中塗りです。 色を分けることにより工程飛ばしがないようしっかりと管理致します。
この中塗りを飛ばす塗装会社が多いのですが、耐久性が数年かわってきます

・3工程の最後上塗りの写真も残します

・雨樋塗装です

・瓦の補修になります。

このように各種工程ごとに写真を残しお客様が安心して住めるようにご提案をしております。

株式会社ゼンシンダンでは全国でサービス展開しておりますのでお気軽にお問合せ下さい。